新着記事(メイン)

2006年01月10日

「No Woman No Cry」/Bob Marley & The Wailers

言わずとしれた、ボブ・マーリーの名曲です。特に、ライブのギターの間奏がたまりません。

"In this great future, you can't forget your past,
So dry your tears, I seh. Yeah!"

"seh"は、パトワ語で言う(say)の意味だそうです。
"No Woman No Cry"は、"No War man No Cry"の隠語ではないかというWEB記事をみかけたことがあります。そうなると、「兵士がいなければ、涙もいらない」といった意味になるので、その説も、まんざらでもないような気がします。


【*くわしくは、画像をクリック!】

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ / ユニバーサルインターナショナル(2005/11/23)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:



2005年11月30日

「Can't Help Fallin' In Love」/Elvis Presley

エルビス・プレスリーの名曲「好きにならずにはいられない」。

出だしの歌詞で決まりです。

"Wise Men Say Only Fools Rush In"

賢者曰く、「事を急ぐのは愚か者だけだ。」

この言葉、あてはまるのは、恋に限らずでしょうね。


【*くわしくは、画像をクリック!】

エルヴィス・プレスリー / BMGファンハウス(2005/03/23)
Amazonランキング:18,185位
Amazonおすすめ度:



2005年11月27日

「Little Wing」/Jimi Hendrix

ジミ・ヘンドリックスというと過激な印象を受ける方も多いと思います。確かに、パフォーマンスや生き方に過激さを持っていたことは、間違いはないと思いますが、この「リトルウィング」はビートルズの「レット・イット・ビー」的な内容の非常に美しい曲です。

"When I'm sad she comes to me
With a thousand smiles she gives to me free"

色んなミュージシャンがカバーしていることでも有名です。


【*くわしくは、画像をクリック!】

ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス / ユニバーサルインターナショナル(2003/11/21)
Amazonランキング:11,545位
Amazonおすすめ度:



2005年11月24日

「Every Time You Go Away」/Daryl Hall & John Oates

ダリル・ホール切ない歌声が何ともいえない、ホール&オーツ初期の名曲です。

"Every time you go away
You take a piece of me with you"

君がいなくなる時はいつも、
僕の心のかけらも一緒になくなってしまう。

この歌詞も前半部分を読んでから、サビの歌詞を読むと全然感じ方が違いますよ。


【*くわしくは、画像をクリック!】

ダリル・ホール&ジョン・オーツ / BMGファンハウス(2005/02/23)
Amazonランキング:78,615位
Amazonおすすめ度:



2005年11月23日

「Your Song(僕の歌は君の歌)」/Elton John

ピアノのイントロが有名な名曲です。
歌詞自体はエルトンジョンではなく、作詞家のバーニー・トーピン(Bernie Taupin)の作です。

歌詞全体に照れが見られますが、サビの歌詞が印象的です。これも歌詞全部を読んでください。

"I hope you don't mind that I put down in words.
How wonderful life is while you're in the world."

「言葉にすることを嫌に思わないでくれたらいいな。
 人生はなんて素晴らしいんだ、あなたがこの世界にいてくれるから。」



【*くわしくは、画像をクリック!】



僕の歌は君の歌+3


【サーチエンジンからの歌詞の検索が多いので、表示を追加しました。】



JOHN ELTON lyrics


2005年11月20日

「Alone Again」/Gilbert O’Sullivan(ギルバート・オサリバン)

この曲、メロディー、アレンジからは中々想像ができない歌詞の内容です。一度、読んでみてください。

In my hour of need
I truly am indeed
Alone again, naturally

まさかの時に
本当にボクは
また、独りになる、当たり前のように

主人公に「そんなことはないよ。」と言って、「君の友だち(You've Got A Friend)」を聴かせてあげたくなりますよ。


【*くわしくは、画像をクリック!】

ギルバート・オサリバン / ビクターエンタテインメント(2001/05/23)
Amazonランキング:7,090位
Amazonおすすめ度:



「君の友だち(You've Got A Friend)」/Carole King

これも有名な曲です。色々な人がカバーしているのでご存じの方も多いと思います。

この曲はぜひ、歌詞を読んでもらいたいです。全ての応援ソングの原型といえるのではないかと思います。つらい時に聴くと心にしみます。

You just call out my name
And you know wherever I am
I'll come running to see you again
Winter,spring,summer or fall
All you have to do is call
And I'll be there
You've got a friend

タイトルの邦題が「君の友だち」になっています。「あなたには友だちがいるじゃない。(私がいるじゃない。)」という意味です。ん〜、友だちって有り難いですよね。


【*くわしくは、画像をクリック!】

キャロル・キング / Sony Music Direct(2004/04/21)
Amazonランキング:6,230位
Amazonおすすめ度:



2005年11月10日

「I Still Haven't Found What I'm Looking For (終わりなき旅)」/U2

「私はまだ見つけていない、自分の探しているものを」

これは、タイトルの"I Still Haven't Found What I'm Looking For"に全てが凝縮されていると思う。

以前紹介した、ビリージョエルの「James」につながる、自分探しの名曲です。


【*くわしくは、画像をクリック!】

U2 / ユニバーサルインターナショナル(2002/09/21)
Amazonランキング:6,818位
Amazonおすすめ度:



2005年11月06日

「Shape Of My Heart」/Sting

この曲はどうしても、リックベッソン監督の「レオン」と切り離せなくなっております。レオンの"This is a gift from Mathilda.」というセリフとリンクしてしまいます。
別の意味で、この曲はレオンからマチルダへの贈り物でもあるような気がして。(勝手な解釈ですみません。)

歌詞の意味はさらに深くて、みなさん一度読んでみてください。
"That's not the shape, the shape of my heart"という部分が深い!


【*くわしくは、画像をクリック!】

スティング / ユニバーサルインターナショナル(2003/08/27)
Amazonランキング:35,635位
Amazonおすすめ度:



2005年11月05日

「Tears in Heaven」/Eric Clapton

エリック・クラプトンの名曲です。4歳の彼の息子がニューヨークのアパートから転落死した悲しみを歌った曲。事故当初、再起不能とまで言われていたが、ミュージックシーン復帰しました。(一部のオールドファンからは現在の彼のスタイルに異議を唱える人たちもいますが。)

この曲は天国に旅立った息子に語りかける形になっています。曲の最後は"'Cause I know I don't belong Here in Heaven"という言葉で終わります。この言葉に息子の死を乗り越えて、現実の人生を生きていく静かな決意を感じました。

ただ、彼はこの曲を、「当分、いやひょっとしたらもう二度と歌わないかもしれない。」とコメントを発表した。


【*くわしくは、画像をクリック!】

エリック・クラプトン / ワーナーミュージック・ジャパン(1998/10/25)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:



2005年11月03日

「James」/Billy Joel

Billy Joel の曲の中で何か一番好きがと聞かれると多くの人は、「ピアノ・マン」や「オネスティ」と答えるのではないでしょうか?

「James」はビリー・ジョエルのベスト盤「ビリー・ザ・ベスト 1&2」にも入っていない曲です。「ニューヨーク物語」(TURNSTILES)の5曲目に収められている曲です。

この曲も歌詞が素晴らしいです。主人公が、Jamesという、かつて、夢を語り合ったであろう友人に宛てて書いた出されることはないであろう手紙のような内容になっています。(恐らく長い間会っていと思われる。Jamesは小説家になる夢を持っていたのかも。)

ふと、日々の生活に追われて、「今、自分は何をやっているのだろう?」、と自問した時、この曲にある、"Will you ever write your masterpiece?"(最高傑作はできたかい?)というフレーズが心に刺さります。


【*くわしくは、画像をクリック!】

ビリー・ジョエル / ソニーミュージックエンタテインメント(1999/01/21)
Amazonランキング:17,996位
Amazonおすすめ度:



2005年11月01日

「Time After Time」/Cyndi Lauper

この曲は、アレンジもシンプルで素晴らしい。

シンディー・ローパーも、どちらかといえば、賑やかなイメージが強い。
しかし、苦労人らしい、いい曲も多い。

If you fall I will catch you--I'll be waiting
Time after time

この合間に入るギターが、歌詞、ボーカルの行間を見事に埋める形で
伝えきれない想いを表現している。

なお、タック&パティの演奏も一度聴いてみてください。
オリジナルの良いが、これも必聴です。


【*くわしくは、画像をクリック!】

シンディ・ローパー / ソニーミュージックエンタテインメント(2001/02/21)
Amazonランキング:3,586位
Amazonおすすめ度:




【*くわしくは、画像をクリック!】

タック&パティ, タック・アンドレス, パティ・キャスカート / BMGファンハウス(1994/07/21)
Amazonランキング:78,332位
Amazonおすすめ度:



「時の流れに(Still Crazy After All These Years)」/Paul Simon

淡々とした静かな曲である。かなりドライな感じも受ける。
もし、英語が得意であれば、原語を読んでみてください。

歌詞の内容も、描写と独り言をシンプルに綴ったものです。

しかし、中盤に突然
"I'll never worry; why should I? It's all gonna fade"
と歌い始めます。

ストレートに物が言えないシニカルな皮肉屋が、
心の想いを直接伝えようとする時の、微妙なモドカシサを
上手に表現しています。心に何かジーンとくるものがあります。


【*くわしくは、画像をクリック!】

ポール・サイモン, サイモンとガーファンクル / ワーナーミュージック・ジャパン(1997/11/25)
Amazonランキング:8,502位
Amazonおすすめ度:



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。